ピアノに関する用語の意味

ピアノに関する用語の意味(カ行)

【カ行】

■キー
ピアノの鍵盤に並んだ鍵のことをキーと言いますが、白鍵と黒鍵があります。ベースは木材ですが、それに白鍵の場合は人口象牙・黒鍵の場合は人工黒檀・合成樹脂を貼り付けているピアノが主流です。
 
■響板(きょうばん)
ピアノに張られた弦をハンマーで叩いたときに出てくる音を、さらに大きく増幅させるための部材で、表面は駒・裏面には響棒が貼られています。ピアノの音はこの響板で決まるのです。
 
■響棒(きょうぼう)
ハンマーで叩かれた弦の振動を響板全体にむらなく広げる役割を持っている部材のことです。響板を補強してくれる役割もあって、響板の裏側に貼り付けられています。
 
■共鳴弦
弦押さえとペアリングの間にある弦の部分のことで、直接ハンマーによって打たれることはありません。有効弦と共鳴することで綺麗な倍音がでるのです。
 
■グランドピアノ

大型のピアノで弦が水平に張られています。低音の弦は長く、高音の弦は短いので上から見たら手袋のような形をしているのです。アップライトと比べた場合には、音の伸びが良いですし、多彩な音を再現できるので本格的なピアニストはグランドピアノを使います。
 
■弦
ピアノの発音源でハンマーが弦を叩くことで弦が振動し、音がでる仕組みです。高音部のなるほど弦は短く細くなります。低音部は逆に太く長くなるのです。ミュージックワイヤーと呼ばれる特別な素材で、高音部や中音部では2本から3本、低音部は1本の弦が張られています。
 
■鍵盤
ピアノの音を出すための操作部分です。一般的に白鍵52・黒鍵36のトータル88の鍵盤があります。ひとつの鍵がひとつの音高と対応しています。鍵盤の右に行くほど高いです。左に行くほど低いのです。隣同士の鍵は半音の差があります。
 
■駒
ハンマーが弦を叩いてでた振動を響板に伝えるための部品で響板の表側に貼り込まれています。1台のピアノには短駒・長駒の二つが貼られています。短駒は低音弦部分で、長駒は中音弦・高音弦を担当しています。
 
■コンソールピアノ
小型のピアノで弦は垂直に張られています。高さが110センチ程度のピアノをコンソールピアノと言います。デザイン重視でインテリアを意識しています。