ピアノに関する用語の意味

ピアノに関する用語の意味(サ行)

2018年11月08日 17時26分

【サ行】

■サウンドボード
響板の別名。弦で出てきた音をより大きくするために増幅し、響かせるための部材です。
 
■シフトペダル
グランドピアノの左側のペダルで、これを踏むとアクション全体が右へスライドするのです。それによってはハンマーが打つ弦の位置や数が変わりますから、音色が柔らかくなり、音は小さくなります。踏み込みの深さをコントロールすることでデリケートな音色の変化がでます。別名、ソフトベダルとかウナコーダペダルと呼ばれることもあります。
 
■消音ピアノ
ハンマーの動作を打弦の直前でストップできる消音機能がついているピアノが消音ピアノです。打鍵することでのハンマーの動きは内蔵されているセンサーで読みとります。そしてデジタル音源へ変換されるのです。演奏音はヘッドフォンで聴けるので夜間練習をする場合には役立つでしょう。
 
■スティック
湿気などが原因でアクションが動作不良になっている状態のことをスティックと言います。具体的には鍵盤が重くなったり、音が出なくなったり、ハンマーが戻ってこなくなったりします。
 
■スピネットピアノ
アップライトピアノの中でも小型のタイプです。コンソールピアノよりも小さいモデルがスピネットピアノと呼ばれます。
 
■整音(せいおん)
ハンマーフェルトの形や硬さを調整して、音色を調整する作業のことを整音と言います。音色を柔らかくしたい場合は、ハンマーフェルトにピッカーと呼ばれる針を刺します。形状を調整する場合はやすりを使って調整します。
 
■整調
ピアノを長い期間、演奏しているとアクションの部材にズレや緩みがでてきます。鍵盤の動きが鈍ってきたり、特定の鍵盤の音が出なくなったりします。このようなアクションの不具合を調整して正しく動くようにする作業を整調と言います。
 
■ソステヌートペダル
グランドピアノのセンターにある真ん中のペダルで、打鍵したあとに、このペダルを踏んだり、ペダルを踏みながら打鍵したりすると、その弦のダンパーだけが離れたままになります。音の伸びが良くなるのです。
 
■ソフトペダル
アップライトピアノのペダルで一番左にあります。ソフトペダルを踏むとハンマー全体が弦に近づいてくるような仕組みです。打弦する距離が近くなるので、音が柔らかく小さくなります。別名ウナコーダペダルと呼ばれます。