ピアノに関する用語の意味

ピアノに関する用語の意味(ア行)

【ア行】

■アクション
音を出すための打弦メカニズムのことをアクションで、ピアノの心臓部です。プレイヤーが打鍵したハンマーの動きに変換し、弦を打たせる働きをします。アクション構造はグランドピアノとアップライトピアノでは違っています。
 
■アグラフ
真鍮製でできている鋲(びょう)で、弦を押さえるものです。明快で澄んだピアノの音色を生み出してくれる効果があります。弦の角度・位置・長さを正確に保つことが大切なのです。グランドピアノでは中音部・低音部に使用されています。アップライトピアノでも高級なタイプの機種には使用されている場合もあります。
 
■アップライトピアノ

グランドピアノは場所をとりますから、そのマイナス面を考えて省スペースが特徴のピアノです。弦を垂直に張っておりますから、音質や連打性能はグランドピアノのようにはゆきません。学校や一般家庭での趣味や練習用に普及されています。
 
■アリコート方式弦押さえ
弦を押さえる方法の一つで、グランドピアノやアップライトピアノの上位機種で採用されている方法です。音の伸びが高まる特徴があります。フレームに盛り上がりを作るので、有効弦と共鳴弦の比率・バランスを最適化してくれます。
 
■アンダーフェルト
ピアノはハンマーフェルトに弾力性があると弾き心地が良くなります。内側に巻かれているフェルトのことをアンダーフェルトといいます。表面は柔らかく内側が固く巻くのが理想。アンダーフェルトを膜と、ハンマー内部をさらに固くできるメリットがあります。低音部には重量がプラスされることで、サウンドが豊かになり音量も上がります。
 
■ウェッジ
ピアノを調律するときに使う工具のことです。不要な弦が振動すると、正確な調律ができないので、ウェッジを使います。木製・フェルト製・ゴム製のものがあります。
 
■ウナコーダペダル
ピアノの足元にはペダルがありますが、その左側のペダルのことです。ウナコーダペダルはピアノの音を小さく、柔らかくするようにできています。グランドピアノの場合は「シフトペダル」と呼ばれることもあります。アップライトピアノの場合は「ソフトペダル」と呼びます。
 
■エスケープメント
ピアノを打鍵するときに、ハンマーが弦に一瞬だけしか触らないようにするメカニズムのことです。ハンマーは弦に触れる直前に鍵盤との連動から解放されます。そのことでハンマーが弦を叩いて音を出すのです。グランドピアノの場合は「ダブルエスケープメント」が採用されており、アップライトピアノの場合は「シングルエスケープメント」が採用されています。
 
■筬(おさ)
ピアノの鍵盤やアクションが設置されている木材部品のことで、これが経年劣化して変形したり反ったりすると音量や音質に影響がでてきます。
 
■親板(おやいた)
アップライトピアノの側面にある部品のことです。


  スタインウェイ 中古

ミキシング

グランドピアノ 中古